スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストリアで初めて異国の文化に触れるお子様に、お母様から離れて

初めて集団生活を始めるお子様に、そして日本語を又は英語を学ぶ必要の

あるお子様に日本語と英語のいわゆるバイリンガル教育のモンテッソーリ

幼稚園がウイーンに出来ました。

モンテッソーリの教材を使い、子供たちが遊びを通して心身共に成長してくための

環境を供えます。日本人の先生は日本語で、米国人の先生は英語で、一人一人の

子供のニーズに応じて個人的な指導を致します。



img1.gif



モンテッソーリ教育とは


イタリアの医学博士マリア・モンテッソーリ女史 (1870-1952) により

当初知的障害を持つ子供たちの為の教育治療として始められました。

その教育成果の著しいことが注目され、

その後幼稚園教育へと変換されました。現在では世界各国に普及しています。

「子供には無限の可能性が秘められた深い生命力があり、神様から与えられた尊いひとつ

の命である」という信念と「その成長を支えるのは五感を通して与えられる刺激と、

それを体験する活動や経験である」という理念に基づき、一人一人の子供に対する尊重と

深い愛情を持ち子供の持つ探究心に応え、伸ばして行くための環境が用意されます。



縦わりのクラス

2才半から6才までの幼児がいる縦わりのクラスは小さな子供の世界です。そこでは同じ
年令の子供ばかりのクラスに起こりがちな能力の比較がありません。年上の子供は

年下の子供の世話をし、年下の子供は年上の子供を慕い尊敬しています。そうした中で

他人を思い遣る心、人を愛する心が育まれます。



日常生活の訓練

幼児は自分の身体を使って何でも新しいことを試してみたいという強い内なる要求を

持っています。それを危険だという理由で防いでしまわずに、安全な範囲で自由に

伸ばしてあげる事が大切です。日常の身の回りの物すべてを幼児サイズに小さくし、

その中で幼児が独りで自由に教材を選び、安全に練習出来るようにお手伝い致します。

好きなだけ練習をくり返すことにより、運動神経の調整が出来、生活技術の習得を

通して自信を持ち、独立心、自立心が養われます。

img3.gif


感覚教育

幼児期は感覚的刺激に対して非常に敏感です。感覚器官を通して身の回りの物事の

認識を増していきます。モンテッソーリの感覚教材を使い、五感を通して物の

同一性、類似性などを確かめる力、識別、分類する力を育てます。感覚を

通して音楽、幾何学、地理、を生活環境の一部としてクラスに取り込んでいます。



言語教育

幼児は物ごとを認識すると同時に言葉を習得してゆきます。様々に物を認識していく時
に多くの語彙を与えて、知識と語彙の幅を広げていくことが大切です。特に外国にいて

日本語の語彙が少なくなりがちな子供に言語教材を通して幅広い日本語を十分に使う

機会を与えます。また、幼児は同時に二つ以上の言葉を自然に習得する能力が

あります。目で物事を認識し、耳で言葉を聞き、口で模倣することにより、外国語を

母国語と同様に習得することが出来ます。英国人の先生により日本語と同じように、

教材を通して英語に接する機会を与えます。英語に接することで異文化への違和感

を和らげ、安定した情緒の中で二つの言語、二つの文化を知る環境が備えられます。



算数教育

モンテッソーリ女史は「人間は本来数学的である」ことを洞察し、感覚教育によって把握された
量、空間の概念を具体的に数へと導いていきます。今まで感覚的に理解していたことを数に

よって秩序づけ、整理していく教材が用意されています。このことにより人間として生きていく

為に必要な数学的思考を身につけてゆきます。数の理念と時間に関連させた歴史、数と空間

を関連させた宇宙などの知識にも触れる機会を用意致します。


img4.gif




History

Dr. Maria Montessori (1870-1952) was the first Italian woman to become a

medical doctor. She observed mentally retarded children in the psychiatric

clinic at the Univ.of Rome and developed a method of sensory education

that achieved very effective results and has become recognized worldwide

as an effective approach in pre-school education.



Method

From her research as a medical doctor, Montessori concluded that each

child possesses an intrinsic motivation to learn, which leads to natural

exploration of his/her world using the five senses to build a concept of

reality. It is essential to provide an environment that nurtures the child’s

natural development and to carefully observe each child’s progress. When

a child is given the proper learning activities in the appropriate sequence,

educational potential is maximized. This method of educating young children

stresses the development of a child’s own initiative and natural abilities,

especially through practical play.



Classroom

All the furniture and equipment are child-size and children are free
to move around in the kindergarten. There are no toys or imitations and

the children deal with real things. As children have more control over

their environment, it reduces their dependence upon adults and helps

them to develop confidence and self-discipline.



Vertical grouping

The children from age 2.5 to 6 are in the same class. There is no comparison

of ability among the children, which tends to happen in the age-divided class.

The children have many opportunities to learn to care for others and to

experience being cared for.



Apparatus

Montessori apparatus are specially designed to through senses.
There are four main areas of equipment: for practical life,

sensorial, language,mathematics.



Admission policy

Children between ages 2.5 to 6 are accepted on a first come, first served basis.



Day Schedule

8:00 Free time

9:00 Circle Time (up 4.5years old)

Working with Montessori equipment (2.5 - 4.5years old)

10:00 Snack and rest

11:00 Working with Montessori equipment (up 4.5years old)

Circle time and craft (2.5 - 4.5years old)

12:00 Lunch and rest

1:30 Free time (outdoor), games, nature study

2:30 Snack and rest

3:00 Craft free time (indoor)

3:30 Going home



Open hours

Full day 8:00-15:30





School calendar

1st semester Aug. 15th-Dec. 20th

2nd semester Jan. 10th-March 20th

3rd semester April 10th-July 20th



Tuition

Full day 250 euro



Registration Fee

1 month tuition



Snacks are provided,no lunch is served



スポンサーサイト
プロフィール

こどものいえ

Author:こどものいえ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。